園芸療法のサービス - 農業屋の園芸療法

サービス

農業屋の園芸療法サービス

~月契約プログラム~

高齢者福祉施設をもっと楽しく、もっと元気にする新サービス!

個性づくりと宣伝協力を行う月額契約のトータルサービスです。

〈デイサービスの例〉

「あなたのデイサービスはどんな特色がありますか?」

ケアマネージャーさんに聞かれて、ドキッとした経験はありませんか...?

これからはこうお答えいただけます!

農業屋と協力して、園芸療法士指導のもと、
安全で、健康にもよい園芸活動が一年を通して行えます。

園芸療法サービス詳細

最大3回(約1時間/回)の実施
園芸プログラムをご提案し、
利用者様と実施します。
利用者様のご様子は、後日フィードバック!
使用する園芸資材は18,000円まで無料提供!
広告宣伝の強化にご協力します!
農業屋を通じて、貴所の宣伝を致します。
店舗において手配りチラシの配布
ケアマネージャーへの取組周知・見学依頼
クラギホームページでのバナー広告
クラギホームページでのブログ掲載

ご訪問にてご説明させていただきますので
まずはお気軽にお問い合わせ下さい!

園芸を目玉に人を呼ぶ仕組み

まずは園芸プログラムで話題づくり!

ケアマネージャー、併設施設の利用者、地域の高齢者へイベントの紹介で施設のとりくみと名前を売りましょう。

広告宣伝を強化して、見学者・体験利用者を増やす!

宣伝・広告を多方面で強化していき実際に施設に来てもらいましょう。

園芸好きの新規利用者を増やす!

今までと違った切り口で新規利用者を獲得。また既存利用者の満足度を向上させて、平均キャンセル率を改善。稼働率や入居率を上げていきましょう。

園芸プログラムって

栽培活動

【主な活動】
野菜の栽培・収穫
お花の栽培・観賞
【療法的な視点】
知らず知らずに機能訓練に!興味が湧けば立ちあがり、手が伸び、大きな声が出ます。
生活意欲を向上させます!成長を期待することや生きものの世話という役割を得ることは、高齢者が失いがちな“楽しみ”や“やりがい”を呼びさまします。

体験活動

【主な活動】
ハーブの手浴
フラワーアレンジメント
種細工
【療法的な視点】
ほめられる機会の創出で自己肯定感をもってもらう!不自由が増えると自信を失ってしまう方は多いです。創作品をみんなの前でとりあげてもう一度自分に自信をとり戻しましょう。
ストレス発散とリラックス!一人でのんびりリラックスしながら体験に没頭したり、仲間で盛り上がったりと人それぞれの楽しみ方で満喫できます。
認知症の方も、体験自体は忘れてしまっても“楽しい”という心地良さは残るものです。創作品はご家族や仲間の交流促進にも最適です。

利用者の声

生きる力を回復してくれるすばらしいサービス。

陽だまりの丘 片田

施設長 坂野達夫 様


農業屋でも広告宣伝してくださり、私どもの広報紙でもそのすばらしさをお伝えしています。「心や体のリハビリになり、生きる力を回復してくれるすばらしいサービスだ」とこの療法の良さをご理解いただき、地域にご紹介いただけたらと期待しています。毎回手を替え、品を替えの楽しい教室に、私どもの利用者様は大満足です。これからもウィンウィンの関係を築いていきたいです。

療法効果に加えプラスの効果を感じます。

倶楽部ぱすとらる

取締役 石田ひとみ 様


園芸療法を通し、心身の健康維持や作業療法効果に加え、楽しみや役割を得ることで継続した通所に前向きになられる等のプラスの効果を感じることができ、新規利用者様や見学者様を受容しやすい雰囲気も自然に作ることができました。

生きがいづくりを支援する有効なサービス。

松阪市

居宅介護支援事業所 ライフパートナーズ

M.N 様


まず、参加されたご利用者様の表情がとても豊かで、植物が人に与える影響の強さを実感しました。園芸療法の時間は、ご利用者様の活気や意欲に溢れ、その空間から生まれる人と人のつながりや笑顔をたくさん感じ取れるものでした。園芸療法の魅力は、身体機能や認知機能にとらわれず、援助があれば、車椅子の方でも、認知症の方でも、皆が対等に参加でき、どのような状態であっても、見て、触れて、そこから感じることが必ずできると思います。高齢者になると、多くのものを失います。役割や責任、生きがい…結果として、生活に対する意欲をもてない方がとても多いと思います。園芸療法は、植物の育成・収穫を行う中で、責任感・達成感を感じながら、いきがいづくりを支援してくれる非常に有効なものだと感じています。

改めて土や植物の力は凄いなと思いました。

津市

居宅介護支援事業所 オハナ

K.O 様


認知症傾向(軽度)の利用者様の割合が多い施設でも、利用者の皆さんに笑顔が見られて、改めて土や植物の力は凄いなと感じました。認知症の方の中には、無表情になってしまわれる方もたくさんおられますが、そんな方たちにもこの園芸療法というのは有効なのではないかと思います。また、園芸活動中は、利用者グループの中でも役割分担ができていったりと、人とのコミュニケーションが自然にとれているのには感心しました。回を重ねていくごとにいろいろな効果が表れてくれそうで、今後がますます楽しみになりました。

PageTop